銀行印を通販で注文する際におすすめしたいショップサイトの特徴

長年使うために丈夫な素材を用意されているショップ

銀行印は個人や法人に関わらず、銀行で口座を開設する時や入出金などの取引、手形や小切手を利用する際に押印に使われる物です。悪用されるのを防ぐために、市町村役場に登録をした実印とは分けて持つのが基本です。長年使うので、丈夫な素材を多く用意している通販サイトで購入することをおすすめします。木製で購入しやすい価格であれば柘植や樺などの硬質な材質の物が適しています。牛の角は木製よりも硬いですが、近年では軽くて落としても欠けにくい金属のチタンが人気となっています。イラストが入っている硬質プラスチックやパワーストーンが使われているタイプもありますが、個人的なお金のやり取りで銀行で使うのに向いています。会社や個人事業主がビジネスの場で使うには向いていません。ラインナップが豊富なショップでは紹介されていることもありますが、選ばない方がいいでしょう。

銀行で読み取りやすい書体を推奨しているか

銀行印は実印と使い分けをしやすくするため、1サイズ小さめに作られていることが多いです。実際の店舗で頼まないと、どのような出来映えになるか確認できないので心配になる方もいるでしょう。購入した後に出来上がりの確認をするために、サンプルをメールで送付してくれるショップがおすすめです。親切な通販サイトでは商品説明の欄に記載されていて、適した大きさが明示されていることもあり、安心して購入できるでしょう。印面が小さめのため、読みやすい字体の方が推奨されている会社もあります。実寸大の大きさで自体や印章の見本を載せているショップなら、ある程度出来上がりを想定できます。サイズによってはフルネームでの作成を依頼を受け付ける店舗もあるので、間違って持つことのないように家族で作る場合はそのようなショップを利用するといいでしょう。

仕上げは手彫りで対応できる所がベスト

銀行印の作成を請け負う通販サイトの中には、即日での仕上げと配送を売りにしている所もあります。入手を急いでいる時は非常に助かりますが、最終の仕上げについて注意するようにしてください。作成と配送が早い店舗の場合、機械彫りのみに対応している所があります。機械彫りは一定の品質を保てるのがメリットですが、画一的な仕上がりになるため、他に購入した人と印地面が被ってしまうことがあります。可能性は少ないですが、悪用されてしまうリスクも捨てきれません。できれば、手彫りに対応している所か、機械で大まかな所を彫り上げて最終的な仕上げのみ手で彫って調整して仕上げているショップを選ぶことをおすすめします。即日対応ができる所でも仕上げを手彫りにしている店舗がありますので、確認するといいでしょう。